セフィロスの持つ圧倒的な強さとカリスマ性、英雄と悪の二面性がキャラクターを魅力的にしています。

魅力的なキャラクター「セフィロス」

セフィロスのキャラクターイラスト

FF7のキャラクターを語る上で欠かせない存在、それがセフィロスです。
ややネタバレになりますが、セフィロスの魅力を語る上ではストーリーや設定に深く踏み込まなければなりません。
未プレイでネタバレしたくない場合は気を付けてください。

 

さて、ここからはセフィロスのネタバレ含む性質についてまとめて行きたいと思います。
クラウドと並ぶ絶大な人気を誇るセフィロスの魅力はどこにあるのか追及して行きましょう。

 

セフィロスのカリスマ性

リメイク版FF7のセフィロスの画像
世界を牛耳る神羅カンパニーで最強のソルジャーと称されるセフィロスは、英雄のようなカリスマ性を持っています。
同僚のソルジャーから尊敬されるだけでなく、スラム街の子供達からも英雄視される存在なのです。

 

銀色の長髪をなびかせるかっこいい姿に、誰もが憧れと尊敬の念を抱いています。
これは何もFF7の中の世界に限った話ではなく、現実の人々も魅力しているのです。
セフィロスの魅力に憑りつかれた人はファンサイトで熱狂的な支持をしていました。

 

このセフィロスのカリスマ性は、英雄の姿と悪の姿が表裏一体になっていることで溢れ出しているのでしょう。
セフィロスは神羅カンパニー最強のソルジャーであり、最終的にはクラウド達の敵となります。
絶大な力と想像を絶する悪夢のような計画に、クラウド達は命がけて挑むことになるのです。

 

間違いなくセフィロスは敵であり、悪であり、倒さなければならない存在です。
しかし、セフィロスには絶望する理由があり、凶行に及ぶ動機がしっかりとあります。
セフィロスの行動に一理あると感じるからこそ、強大な悪でありながらもカリスマ性を発揮するのでしょう。
真面目でクールで仲間想いのセフィロスが牙を剥く、ある種のギャップがあるのかもしれません。

 

ストーリーでの関わり方

FF7の冒頭でセフィロスは死亡したことになっています。
任務中の事故により消息を絶っていることが理由ですが、実は力を溜めて密かに計画を実行しているのです。

 

神羅カンパニーとクラウド達が戦いを続ける最中、ひっそりとセフィロスが姿を現す場面が何度か登場します。
クラウド達が活動する裏で行動するセフィロスは徐々に存在感を増して行き、気付けばストーリーの中心に存在するようになります。
ストーリーが進むにつれて存在感が大きくなり、数々の伏線がセフィロスへ繋がって行くことが分かるのです。

 

セフィロスの強さ

炎の中のPS版のセフィロス
セフィロスの強さはあらゆる面において最強と言って良いでしょう。
長い太刀の「正宗」による攻撃も強力ですし、様々な魔法を駆使して戦うことが出来ます。
居合い斬りや印象的な獄門の技はセフィロスの印象付けるものです。

 

FF7をプレイ済みの人はセフィロスの強さがイヤというほど理解出来るはずです。
圧倒的な強さとカリスマ性、英雄と悪の二面性がセフィロスを魅力的にしているのです。