FF7の続編として制作されたアドベントチルドレンは世界中で大ヒットした映像作品です。

FF7アドベントチルドレン

爆発的な人気を集めたFF7にはいくつものスピンオフ作品があります。
その中でも過去編を描くクライシスコアと、未来編を描くアドベントチルドレンは多くの人に愛されています。

 

ここではFF7の2年後を描いた未来編であるアドベントチルドレンについて紹介します。
まず、アドベントチルドレンはゲーム作品ではありません。
映像作品として制作され、映画館での上映などは行わずにDVDやUMD販売のみ行われているのです。
アドベントチルドレンの概要、本編の繋がりや魅力をじっくりと見て行きましょう。

 

アドベントチルドレンとは

FF7ACのクラウドとセフィロス
冒頭でも触れたようにゲームではなく映像作品となっています。
全編3Dの映像で、超美麗なキャラクターがFF7の世界で動き回るのは最高です。
ゲームと違ってキャラの表情や仕草、生きている感じがひしひしと伝わって来るので必見でしょう。

 

2005年にリリースされてから異例の注目を浴び、ヴェネツィア国際映画祭に招待された実績を持っています。
世界で400万本以上の売り上げを記録しており、FF7の人気を改めて実感する結果となりました。

 

さて、アドベントチルドレンの内容についても紹介して行きたいと思います。
FF7本編の2年後を描いた作品で、主人公はクラウドが担当しています。
お馴染みのキャラクター達と共に日々を過ごし、そして新たな事件に巻き込まれて行くのです。
未来を描いているので、アドベントチルドレンを見るなら最低でもFF7はクリアしておいた方が良いでしょう。
可能ならクライシスコアを知っている方がより一層楽しめるのでプレイしてみてください。

 

ストーリーの見どころ

2年後のクラウド
ここからは若干のネタバレを含むのでFF7本編を未プレイの人は注意しましょう。
FF7をプレイ済みならクライシスコアは未プレイでも問題ないので、見どころを紹介して行きます。

 

最初に注目したいのはFF7本編で世界を救ったクラウドのその後です。
英雄と言っても良いほどの活躍をしたクラウドがどのような生活を送っているかは見どころポイントでしょう。
世界を救ったのと同時に多くのものを失ったクラウドの心が抱えるものは、重く切ない気持ちにさせてくれます。

 

2年後のティファやバレットの活動も見どころで、レジスタンス「アバランチ」の活躍も見てみてください。
成長してそれぞれの生活を送るキャラクター達は、FF7をプレイした人なら感慨深い印象になるはずです。

 

また、2年後の世界がどうなったかも見どころポイントなので覚えておきましょう。
惑星のエネルギーを吸い上げる魔晄炉が世界に残した爪痕がリアルに描かれているのです。
なるべくネタバレしないように書きましたが、FF7ファンなら絶対に見ておきたいクオリティーに仕上がっています。
FF7リメイクをプレイした後に見るのも良いですし、先に視聴するのもありです。